個人年金はいくらくらいかけるのがいいの?逆算で考えると。

毎月の個人年金の金額はいくらくらいに設定すればいいのか?

今の生活にすぐに跳ね返ってくるお金ではないのでできるだけ少なめがいいななんて思っている人が多いと思います。

考え方としては将来もらえる年金も加味して逆算してみるといいでしょう。

必要な個人年金の逆算の方法

60歳で退職すると仮定。退職金が1200万円出たとすると、65歳までの5年間が無収入となりますから、その間の生活費をまず補填しないといけません。

仮に夫婦2人で夫が60歳の定年退職を先に向かえて、妻は専業主婦だったとします。

更に、毎月の生活費が30万円かかっているとします。

するともしも5年間全く新しい仕事をしなかった場合は生活費の分の360万円×5年=1800万円が必要になります。

この想定だと退職金を使い果たして更に600万円不足する計算になります。

ということは、最初の5年間の600万円を補って、更に残りの人生を20年と仮定。

生活費は毎月30万円かかるとすると、老後の生活資金として必要な金額は

600万円+20年×12ヶ月×30万円=7800万円

となります。

このうち仮に毎月15万円を厚生年金で補えるとすれば、残りの15万円はどこかから捻出しなければいけません。

この毎月15万円という金額を個人年金でまかなえるように保険を契約すればいいんです。

ただ、実際には例えば35歳から60歳まで個人年金の毎月3万円の保険料の支払いをしていたとしても、もらえる保険料が900万円前後にしかなりません。

ほとんどの人が1万円~3万円の中で毎月の保険料を決めているのですが、毎月3万円の保険料を支払っていたとしても実際に必要となってくる生活費から逆算すると全く足りません。

そのために、個人年金保険で補えない分は貯金や投資資産で補うという努力をしておく必要があります。